平地マンのロードバイク日記

自転車素人がどこまで速くなれるのか挑戦する話

美山シクロ練

time 2016/12/12

美山シクロ練

日曜は美山にあるシクロクロスの常設コースに練習に行ってきました。

ゲンさん、エリートの関クロC2のお二人と。

僕が車を出すはずだったのですがまさかの寝坊…すみません。\(^o^)/オーマイ

1時間遅れて大阪を出発。大阪は晴れてたのに、北に向かうにつれて雲が多くなり、そして雨粒も落ちてきたぞ…。img_2058美山のコースには11時過ぎに到着。ここは先週の関西シクロで走ったところだ。常設のシクロクロスコースとして最近できたらしい。

幸い、雨はギリギリ降ってない。が、路面はうぇってぃ。

dsc_0457これは…。

まあ、これくらいグシャグシャなほうがいい練習になるだろうと言い聞かせコースへGO!

今日はテクニックを磨くべく、なるべく自転車を降りずに乗車したままコースを回ることにする。

dsc_0504こういうのは一度汚れれば吹っ切れるもんだ。

dsc_0508この日乗車率ゼロ%だったキャンバー。

dsc_0486前回の美山CXでは怖くて乗れなかったキャンバーも、圧倒的に路面コンディションが悪い中乗車してクリアすることができて着実な進歩を感じた。すっころんだ時もあるけど。

3人で模擬レースをやったりもする。レースになると3人ともランニング大会になってしまったが。(なりふり構わず走りだした僕のせい)

2時間くらい走って満足したので帰ることに。スーパードロドロタイムだったのでバイクもウェアも泥人形のように…。

しかしこのコース、高圧洗浄機やホースが常備されており、100円払えば貸してもらえるので安心。

dsc_0517自転車だけでなく、体についた泥も水をかぶって洗い流す。裸でも寒くないぜヒャッハー!(気温5度だということに帰りの道路標示で気が付きみんな顔を見合わせる)

あらかたキレイになったところで車に積み込み、美山に来た時にはよく行くピザ屋へ移動。

img_2062

裸で冷水ヒャッハーなどとやってたせいで体内のカロリーが体温を維持することに総動員されていたらしい。

寒くて体の震えが止まらなかったが、ピザが来るなり一目散にみんなで頬張りなんとか回復。

写真などとることも意識になく、2枚目のピザが来た時に思い出したように撮影。すごい撮り方も雑。

そしてピザで腹が満たされた後はスプリング日吉で温泉に入る。シクロクロスの楽しみ方って、スキーと似てるな…。そのあとの食・温泉などのアクテビティまでがセット。

ここの露天風呂には塩化ナトリウム(つまり塩)が豊富に含まれているらしく、先ほどの練習で作った生傷にダイレクトアタックをかましてくる。

温泉の効用に裂傷・擦過傷と書いてあるので沁みるのをガマンして入湯。

腹も膨れ、体もあったまったところで帰宅の途に。こんなコースがもっと近くにあったらみるみる上達しそうなんだけどなあ。

エリート、ゲンさん、ありがとうございました。また機会あれば行きましょう。

sponsored link

down

コメントする




トレーニング日記

この日記を書いている人

平地万太郎

平地万太郎

2017年シーズンからJプロツアーをVC Fukuoka・サイクルフリーダムで走ります。 基本的に怠け者、めんどくさがり。 そんな人間がどこまで速くなれるのか。



sponsored link