平地マンのロードバイク日記

自転車素人がどこまで速くなれるのか挑戦する話

堺浜クリテとマイアミCX

time 2016/12/20

堺浜クリテとマイアミCX

私のキャラ(平地万太郎)のトートバックが発売されたようです。

トートだけでなくTシャツなどもあり、自分も購入したので商品が届き次第詳しく書きたいと思います。

購入第一号にサイン求められたのでサインしときました。さながらプロ選手ですねw

さて、先週末はレース2戦。飲み会続きで更新遅れ気味ですがまとめて更新。

sponsored link

堺浜クリテ

土曜は堺浜。クリテリウム(エリート)と90分エンデューロにエントリー。

朝家を出ると風が強い。BORA50を履いてきたが少し横風に煽られて怖い。

レース開始20分前に会場到着。危ない危ない。

クリテリウム エリート

まずはクリテリウムのレース。約20km。

作戦というか目標は独走で勝つことに設定。

レースが始まり、まず序盤は様子見。

後方でヒラヒラ走る。1周、試しにアタックして単独で飛び出してみる。

強風によってゴリゴリ脚が削られるため、一人で何周も逃げられないな…と確認して集団に戻る。

この時、同チームのいけぽんが集団をものすごい勢いで牽引して追いかけてきていたらしい。こ、こいつ本気でチームメイトを殺しに来てやがる…。

ここで少し日和って気持ちが集団待機モードに入ってしまったのがいけなかったかも。

photo by おくり

途中スプリント賞周回がありつつも全スルーして気がつけば最終周回に。

私の読みだと強風吹き荒れるストレート(700m前)で牽制状態になるのでそこでロングスパートをかけて単独ゴールする予定だったのだが、その読みが外れる。

最終周回になって直ぐに集団の速度が上がり、縦伸びする展開に。後ろから勢いつけて飛び出すつもりだった自分は乗り遅れてしまった。

前ではチームメイトのネダ氏が速度を上げて先頭でラストコーナーを曲がっているが、自分は6番手くらい。

ここでもう追いつかないと悟る。2人ほど抜かして4位でフィニッシュ。くやちい。

優勝はネダキャプテン。さすが堺浜マイスター。

90分エンデューロ

クリテは負けたのでこっちは必ず勝つと意気込む。

ハンガーノック対策にロールケバブ3本を体にインストールして出走。

開始45分くらいで先頭が5名ほどに絞られるいつもの展開。

強風で少人数なので負けるわけがなかったϵ( ‘Θ’ )϶

ラスト15分で単独アタック。からの高速巡航モードという私お決まりのパティーンで40秒差つけて優勝しました。

photo by まやん

普段身につけないピンクのフットマックスをもらったから履いてみようかな。

マイアミCX

日曜はシクロクロス。

外国を思わせる名前だが、琵琶湖の湖畔にあるキャンプ場です。

試走の時いい景色だったので思わず立ち止まり撮影。

ここは砂浜を走るコースです。この砂浜が非常に厄介で前後輪が砂に埋もれて取られる。

全く砂対策をしてこなかったので、試走の時は砂浜中心に練習する。念のため、前転の練習もしておいた。

まあ、砂浜区間以外は直線的なコースで、圧倒的パワーがあればどこでも抜けそうなところ。毎回そんなこと言ってる気がするけども。

レースのシードは16番。

スタートは可もなく不可もなく。

砂浜区間は乗れるわけもなく自分の足でダッシュ!…と行く予定だったが体が重くて辛く、前走者に離されていく。

肝心な平坦区間でもあまり力が出ない感じ。まあそれでも人並み以上には速いけど、いつもならもっと速いハズ。

photo by ITの人

4周回したけどずっとそんな感じでペースも上がらずにゴール。順位を見ると16位。あれ、スタート時と変わってない。

というわけで直線番長の癖に直線も遅く、まったく良いところがないレースで終わってしまいました。あーあー。

そろそろC2にあがらんとな…。来週烏丸CX参戦予定。

sponsored link

down

コメントする




トレーニング日記

この日記を書いている人

平地万太郎

平地万太郎

2017年シーズンからJプロツアーをVC Fukuoka・サイクルフリーダムで走ります。 基本的に怠け者、めんどくさがり。 そんな人間がどこまで速くなれるのか。



sponsored link