平地マンのロードバイク日記

自転車素人がどこまで速くなれるのか挑戦する話

群馬CSCの対策

time 2017/03/22

群馬CSCの対策

1ヶ月後の群馬に向けて対策を考えることにする。

まずは群馬を走ったことがないのでstravaでコースプロフィールを検索。結構くねくねしてますね。下りが少しテクニカルだそうな。やけにアップダウンがあるように見えるけど、せいぜい1周50m程度のアップ。

去年のJPTのレースでも逃げは決まらず集団スプリントになっている。

注目所はラストスプリント前の心臓破りと言われる約500m、斜度10パーセント前後の坂だろうか。群馬day1では20回、day2では22回登る。

これくらいの坂ならばパンチ力で登っていけそうなのでそこまで体を軽量化する必要はないと思うが、無駄な重さはないに越したことはない。距離長いし。ということで体重は67kg程度で臨みたい。

レースで差がつくポイントがあるとしたらやはりこの心臓破りであることは明白なので、1〜2分で高出力を出すトレーニングを十分に積んでいこう。

以前読んだことのあるかもめチャンスで確か群馬CSC走ってたな…と思い読み返してみると確かに走っていた。

漫画の中でゴールスプリント前の位置どりに関して言及されていたので参考にする。書いてあることが本当かどうかは知らんけど。

てなわけで群馬は完走はもちろん、それ以上のリザルトを得られるよう1ヶ月頑張ります。

sponsored link

down

コメントする




トレーニング日記

この日記を書いている人

平地万太郎

平地万太郎

2017年シーズンからJプロツアーをVC Fukuoka・サイクルフリーダムで走ります。 基本的に怠け者、めんどくさがり。 そんな人間がどこまで速くなれるのか。



sponsored link