平地マンのロードバイク日記

自転車素人がどこまで速くなれるのか挑戦する話

aacaTT想定練

time 2017/04/28

aacaTT想定練

GW最終日の5/7はaacaで「日本アマチュアグランプリ」と勝手に称して専業プロを除いたアマチュアレーサー界の個人TT日本一を決めるレースが開催されます。

距離は20km。その想定練習をすることに。

・新投入する機材の事前チェック

・20kmで持てるパワーを全て出し切るペース配分

以上二つを確認ポイントに。

本番と同じ装備でやりたいので、予備チューブラータイヤとか持ちたくない。なので車で練習場所まで移動。

流石に24時過ぎだと誰もいない…と思いきやブンブンやってる単車の集会がいる。

気にせずウォームアップ。

今回投入する機材は2つ。

1つめはLASのエアロヘルメット。

チームで使用しているものだ。私の頭にはフィットして被り心地は悪くない。

普段使用しているオーソドックスなヘルメットと比べ、首の後ろの空気の流れが確実に違うのが感じられる。綺麗に空気が流れているイメージ。これは効果ありそうだ。

バイザーの視界も問題なし。

2つ目の投入機材は54tのチェーンリング。

今まで52tを使用していたが、追い風や下り坂区間などで60km/hを越えてくると回りきってしまう恐れがあるので大きなクランクに変えいと思っていた。

Twitterで中古がたまたま安く転がってたのを教えてもらい即購入。

52tからチェーンの長さを変えていないので長さが足りていないのか、アウターローに入れると少しプーリーから音がする。ディスクホイールだしモゲることはなさそうだが、アウターローには入れない方が良さそう。

アップしながら機材に問題は無いことを確認して20kmTTスタート。

350Wあたりを一つの目安に巡行。

で、結果。

20kmTT 27m43s (335W 43.1km/h)

そこそこ悪く無い結果。

ペース配分も序盤で突っ込みすぎず、かといって最後に余し過ぎず。

パワーは出てるので後は出力が低下しない範囲でTTポジションを更に最適化・最小の前方投影面積が実現できれば間違いなく良いタイムが出るハズ。

楽しみになってきたϵ( ‘Θ’ )϶

sponsored link

down

コメントする




トレーニング日記

この日記を書いている人

平地万太郎

平地万太郎

2017年シーズンからJプロツアーをVC Fukuoka・サイクルフリーダムで走ります。 基本的に怠け者、めんどくさがり。 そんな人間がどこまで速くなれるのか。



sponsored link