平地マンのロードバイク日記

自転車素人がどこまで速くなれるのか挑戦する話

実家合宿day3

time 2017/05/04

実家合宿day3

day1から飛んでday3です。

久々にTSS200とか稼ぐと翌日の疲労感が…。ヤボ用もあったのでday2はノーライドです。

まあ折角のGWなので余りせかせかせずにノビノビとやりましょうϵ( ‘Θ’ )϶

3日目の今日は大学時代の部活の後輩2名(現役1名+OB1名)と相模湖・宮ヶ瀬方面へライドに行きました。

部活といっても自転車部でも何でもありません。趣味・オフトレーニングで自転車に乗っている者たち。

朝9時に八王子駅周辺で待ち合わせ。

本日向かう方面。

特に問題なく2名と合流。まずは大垂水峠を目指す。

高尾駅近辺に近づくにつれ、無限に連なる酷い渋滞が…。それを横目に走る。

みんな、高尾くらいなら電車で来た方がええぞ(^ω^)

大垂水峠はせいぜい4kmもない峠なのでFTP110%くらいの全力で踏み踏み。

後輩1号(OB)、2号(現役)ともに千切れる。

1号の方は序盤の緩斜面で千切れてたので、あまり走力がなさそうやな。最近自転車を始めたらしい。

2号は4w/kg程度の負荷なら着いてこれそう。

大垂水峠:8分14秒(321w)

大学入学した頃、自転車部に興味があって新歓ライドに参加したとき、受験勉強で鈍った体、そして慣れないロードバイクに乗せられてこの大垂水峠に連れて来られた。

その時は20分以上かかって登った辛い記憶があるけど…今では丘レベルの峠にしか感じない。でも普通の人にとっては辛い感覚の方が普通なんだろうな。

もし初心者の人とかと走る時は、昔感じたあの辛さを心の片隅に置いて走ろう。

とか言いつつ、15分くらいでヒーコラ登って来た後輩2号が頂上に着くや否やダウンヒル開始する鬼畜。

相模湖を目指します。途中のコンビニで一旦小休止。

今日は最終的に宮ヶ瀬湖へ向かうが、その前に雛鶴峠という所へ寄り道するらしい。

コースアテンドは後輩2号なので黙々と着いていく。

下から頂上のトンネルまで15km、アップダウンを繰り返しながら高度を上げていく。

擬似ロードレースみたいでいい練習コースだな、と思っていると案の定見慣れた実業団チームのジャージの選手が結構いるね。

ただ今日は主に後輩1号が辛そうなので、護送船団方式でいく。200Wくらいで。

時折ケツを押してアシスト。常時喘ぎ声みたいなのを出してたがゴールの饅頭屋にとうちゃこ。

1個150円のまあまあデカイ饅頭が食える。店番のじいちゃんとばあちゃんがいい味出してるなあ。

一息ついて、来た道を下り昼食目指して宮ヶ瀬湖へ。

途中牧馬峠という少し激坂のTTポイントがある。

酷道で有名なやつ。

後輩1号が死にそうになりながらも、なんとか宮ヶ瀬湖の道の駅へとうちゃこ。

激混みやでしかし…。

当初入ろうと予定してたお店が激混みの極み。なので駐輪場目の前にある、このGWの大盛況にも関わらず空いているラーメン屋へ入ってみる。

昔ながらのラーメンとな?

チャーシュー麺を注文。…確かに昔ながらというか実家の昼ごはんで出てくる感じのラーメンや。

普通過ぎて写真撮ろうとも思わないレベル。

昼食を食べたところで今日のライドは解散。後輩2人は都内住みなのでまた八王子の方へ。

私はこの時点でTSS180。もう少し乗りたいなと思い裏ヤビツ経由で少し踏み踏みして帰りました。

思っていたよりゆるぽたライドな感じだったが、結果的にほぼ計画通りの練習になった。

明日はどうしようか。

sponsored link

down

コメントする




トレーニング日記

この日記を書いている人

平地万太郎

平地万太郎

2017年シーズンからJプロツアーをVC Fukuoka・サイクルフリーダムで走ります。 基本的に怠け者、めんどくさがり。 そんな人間がどこまで速くなれるのか。



sponsored link