平地マンのロードバイク日記

自転車素人がどこまで速くなれるのか挑戦する話

cervelo R3

cervelo R3

cervelo R3(2015)

cerveloにはエアロを追求したSシリーズと、山岳も含めたオールラウンドに使用することを想定したRシリーズがあるが、そのRシリーズのミドルグレードにあたるのがR3。

オールラウンドモデルといいつつ、ダウンチューブやシートチューブはエアロ効率を追求した形状らしい。

エアロフレームではないのでブレーキやシートポストは汎用的なパーツを使用することができ、メンテナンス性が高いのが個人的にgood。

img_0973

シートステーは衝撃吸収性を考慮した極細のチューブになっている。

他方、BBやダウンチューブは極太になっており剛性を確保。

少なくとも僕程度のパワー(max1,300W程度)で剛性不足を感じたことはなかった。

img_0513

このフレームに乗ってから20,000kmくらい走ったが、クリテリウムからヒルクライム、ロングライドまで特に不満が無い。

自転車歴は短い自分だが、このフレームが名車だと言われる所以は「なんでもこなせる」とこなんだろう。

f52db7b9-a920-4122-bf0f-4b120868c0e3

cervelo×ZIPPの相性の良さは異常。

sponsored link

トレーニング日記

この日記を書いている人

平地万太郎

平地万太郎

2017年シーズンからJプロツアーをVC Fukuoka・サイクルフリーダムで走ります。 基本的に怠け者、めんどくさがり。 そんな人間がどこまで速くなれるのか。



sponsored link